花粉症とは?

花粉症とは、スギやヒノキなど様々な植物の花粉が原因でくしゃみや鼻水、目の痒みなどのアレルギー症状を引き起こす病気のことで季節性アレルギー性鼻炎とも言います。

花粉症で悩む女性

花粉症のメカニズム

花粉症の症状が現れるまでに、私達の体の中で何が起こっているのでしょうか?

  • 花粉が目や鼻に入り粘膜に付着します
  • 花粉を異物(抗原)と判断すると体はこれと反応する物質(Ige抗体)を作ります
  • 抗体が出来た後に再び花粉が体内に入ると鼻や目の粘膜にある肥満細胞という細胞からヒスタミンなどの化学物質を放出し、抗原である花粉を体外に出そうとします
  • よって、くしゃみで花粉を体外に吹き飛ばしたり、入ってきた異物(花粉)を外に洗い流すなどして鼻水や涙が出るなどの症状が出るのです

花粉症は不快な症状ばかりですが、身体から異物を出そうとしてくれている大切な防衛反応でもあります。

 

花粉症の飛散時期

花粉の飛散時期は、同じ日本国内でも場所によって違いがあり、その年によっても多少前後します。
例年の関東の花粉飛散時期は、スギが 2月〜4月、ヒノキ が3月下旬〜5月頃となっています。
スギ花粉症の人は、5月のゴールデンウイークが始まる頃に「そういえば花粉症の症状がおさまったかな」と思う方も多いのではないでしょうか?
ゴールデンウイークが終わってもしばらく花粉症の症状が出ている場合は、ヒノキの花粉のアレルギーも持っているかもしれません。
また、スギは北海道や沖縄にはほとんどないので花粉症の人も非常に少ないそうです。

スギ花粉の飛散量

スギやヒノキの花粉飛散量は、昔に比べると増加しています。「花粉の飛散が少ない」と予報される年でも、昔に比べると飛散量が多い事もありますので気をつけましょう。